>

修繕積立金とは何なのか?

マンションの管理費

マンションを購入する場合、住宅ローンの返済とは別に管理費と修繕積立金、駐車場代などの費用がかかりますので、無理のない返済プランでご購入の検討をお願いします。さて、管理費とは何なのか?簡単に説明致します。これは分譲マンションだけではなく、賃貸で部屋を借りる場合も家賃と管理費(共益費とも言います)を月々支払わなければなりません。これは、お住いの部屋以外の建物部分を維持管理するための費用と考えていただければ、分かりやすいと思います。

つまり、エントランスがいつもきれいなのは?困ったときに管理人さんが助けてくれることはないか?つまり、建物の共用部がきれいなのは、照明の電球が切れたときに交換してくれるのは?エレベーターが常に安心で安全に使えることができるなどの保守メンテや共用部の清掃などの管理するための費用なのです。

マンションの修繕積立金

マンションの住宅ローンも支払わなければならないため、修繕積立金は少ない方がいいと思いがちですが、少なければいいというものではありません。場合によってはマンションの資産価値などにも影響を及ぼす場合がありますので、注意する必要があります。この修繕積立金というのは、主に修繕工事に充てられる費用のことを指します。

これは、マンションの管理会社が長期間にわたる修繕計画を立て、資金計画を練ります。その費用を賄えるように想定される修繕金額を月数で割り、試算したものを毎月の修繕積立金の額を設定いたします。ですが、いざ大規模修繕の時期を迎えたときにこの金額が不足してしまうと、毎月の積立額が値上がりしたり、一時的に数十万円を負担しなければならないケースもあります。


この記事をシェアする